ガーデニングを始めるならまず道具を揃えよう

自分で育てる

自分で育てる

ガーデニングに必要な道具

菊

肥料を選ぶ

ガーデニングに挑戦するなら、肥料の種類も知っておきましょう。肥料と言っても、固形肥料や液体肥料など様々な種類があります。育てる植物や環境によって選ぶことで上手に使いこなすことができると言われています。キクの育て方を変える場合は、肥料の種類を変えなければいけない場合もあるため調べておきましょう。

プランター・植木鉢

プランターや植木鉢にも、いろんな大きさや形の物があります。育てる花の種類や大きさ、量に合わせて変える必要があると言われているため育てようと思っている花の種類に合わせて選ぶようにしましょう。その他にも、鉢底網や鉢底石も準備しておきましょう。土や肥料が流れ出るのを防いでくれます。キクの育て方にもよりますが、プランターや植木鉢で育てるなら成長に合わせて大きさを変えることが大切です。

土作り・水やりに必要な道具

ガーデニングをするなら、種や苗を育てるために大切な土を作らなければいけません。庭先にキクなどを植える場合は、庭先の土環境を整えなければいけませんし、プランターや鉢植えで育てるなら事前に土を作っておいた方がスムーズに作業を進めることができます。移植ゴテやシャベルは、自分の体格に合わせて使いやすい物を選びましょう。体格に合わせて道具を選ぶことで、体にかかる負担を軽減することができます。

ガーデンウェアを揃える

育てるための道具を揃えておくことも大切ですが、それ以外にもガーデンウェアを揃えておくことも大切です。グローブやエプロン、帽子など自分が身につける物も一緒に揃えておきましょう。グローブは殺虫剤をまくときに手を保護することができ、エプロンは土汚れから衣類を守ることができます。

あると便利な道具ベスト5

no.1

ラベル

ラベルは、沢山の種類の植物を育てるときに役立ちます。キクのように、花によって大きさも色も異なる種類に分けて植えた日や名前などを書いておくことができるため、間違えずに育てることができるのです。

no.2

ひも

育て方にもよりますが、大きく成長させる場合は植物を支える支柱が必要になってきます。支柱と植物を固定させるときに便利なのが、ひもです。硬いひもではなく、柔らかい素材でできたひもを使えば植物を傷つけることなく固定できます。

no.3

大きさの異なるシャベル

成長に合わせて、プランターや植木鉢の大きさを変える必要があるため、大きさの異なるシャベルがあると植物に合わせて使い分けることができます。大きさを使い分けることで、余分な土を落とすことができたり、植物の根を傷つけたりすることがありません。

no.4

ノート

植物を育てるなら、成長過程をノートに記録しておきましょう。記録しておくことで、いつ肥料を新しくしたか、土を綺麗にしたかなどをメモしておくことができるため忘れる心配がありません。また、肥料の購入時期を把握することもできるため便利です。

no.5

カメラ

成長過程や、開花の状態を写真に撮って残すことができるため自分の育てた花を記録に残したいという人が多く利用しています。今では、スマートフォンについているカメラの画質も良くなっているためスマートフォンのカメラを使って記録する人もいます。

広告募集中